私の息子がスギ花粉なのですが、明日で5月に入るけど、いつまで続くのかしら?  

スポンサーリンク

 

アレルギー性鼻炎の原因ってすぐ思い浮かぶのは

スギ花粉や、ハウスダスト・ダニとかですよね。

息子のスギ花粉なのは小学生の2年生くらいに 検査で分かっていたけど、  

中学生になる前にもう一度 アレルギー検査を無料のうちにと思い受けた結果がこれです。

 

アレルギー検査で、クラスが6段階中で表記

スギが 6

イネ科 4

ひのき 5

雑草 1

ヤケヒョウダニ 5

ハウスダスト 5

なかなかの検査結果である。

花粉の飛沫時期を調べていたら、

スギ 2-4月

イネ科 4-10月

ひのき 3-5月

ほぼ一年中何かしらの花粉が飛んでいるではないか・・・

まだ子供なので、マスクも全然してくれないし、うがいや、洗顔、服をはらうなど 自分で少しでも花粉対策出来るはずなのに・・・しない。

今は、病院で処方されたアレルギーの薬を朝・晩 点鼻薬を夜している。

このお薬って、即効性があるわけじゃなくて、花粉が始まる前から

飲んでいたほうが 効き目があるみたいなので、息子も2月中旬から 飲んでいます。

アレロックODってやつと、ナゾネックス点鼻薬を今処方されています。

見た感じあまり効いてはいなそうで、毎日布団に鼻栓のティッシュが転がっている。

自分が風邪で鼻が詰まっている状態がほぼ一年中続いていると考えると 辛いだろうなと思う。  

 

こないだ耳鼻科で、中学生ころになると、受験勉強が始まる子供なんかは

鼻のせいで、勉強に集中出来なくなるから、鼻の粘膜を焼く方法があると言っていたけど。

子供はそれを聞くと怖がってしまって絶対しないと言っていた。  

 

テレビなんかでも、ダニアレルギーの人には、 舌にダニのエキスを垂らして治療する 舌下免疫治療法というのがあるらしい。

保険も適用されるらしいので気になる治療法のひとつだ。

こないだテレビでは、第一子がなんらかのアレルギーになりやすい。

と 言っていた。たしかに息子も第一子だ。

第一子は免疫力も少ないらしく、第二子・三子とアレルギーになる確率は 低いのだそうだ。

第一子にかかわらずアレルギーになっている子供もたくさんいると思うけど・・・  

大人になってもアレルギー体質になる人もたくさんいるし・・・

アレルギー発症を抑えるには、、赤ちゃんの時に出来る生後6か月までに やるといい方法があるといっていた。

それは、全身の皮膚の保湿だそうだ。

皮膚が乾燥することで、皮膚のバリア機能が低下して アレルギーや、アトピー性皮膚炎になってしまうらしい。

 

花粉症の症状を軽減させるものは何??

花粉症に効く食べ物を調べてみた。

 

・乳酸菌(ヨーグルト、ヤクルト、カルピスに含まれる乳酸菌の働きで腸内が改善されて免疫力がつく)  

・ネバネバした食べ物(レンコン有名、タンニンを含みアレルギー症状を緩和)  

・玉ねぎ、ニラ、ニンニク(アリシンという匂い成分が花粉症の症状を緩和)  

・きのこ類(免疫力を高めるBグルカンを含む)  

・甜茶(カテキンには鼻や目の炎症を抑える抗ヒスタミン作用がある)  

・果物(リンゴ・バナナに含まれる食物繊維)  

・ハチミツ(殺菌、抗菌作用がある)  

・ココア、チョコレート(ポリフェノールには抗酸化作用がある)

 

近い将来アレルギーで悩む人が減ればいいね。

医学ももっと発達したら、花粉の最新治療法もできるよね。

それまでは、気長に息子よ待とう・・・  


スポンサーリンク